西塔(壇場伽藍)


明神社の北に建つ二層の多宝塔は、「西塔(さいとう)」です。

西塔(壇場伽藍)の地図- 高野山名所図会



大日如来の密教世界を具現するため、空海が設計し、仁和2年(886年)に空海の弟子で甥でもある真然が建立しました。

西塔(壇場伽藍、壇上伽藍)の写真- 高野山名所図会



現在の建物は江戸時代末期の天保5年(1834年)の再建で、内部には金剛界の大日如来と胎蔵界の四仏が安置されています。



>> 孔雀堂・准胝堂へ

>> 壇場伽藍(壇上伽藍)の概略へ


サイトマップ