高野山の歴史(1)


開創以前

古代、高野山の麓、丹生川流域の高野・天野一帯には「丹生(にう)氏」と呼ばれる人々が住んでいました。

「丹生氏」は彩色に使われた朱の原料となる「丹(辰砂)」に関わった人々です。中央構造線沿いなど、水銀鉱床があった場所に住み、丹の産出を行なっていました。今でも全国各地に「丹生」という地名や「丹生神社」が残っています。

丹を製錬して水銀を作る技術を持つ秦氏が大陸から渡ってきてからは、丹の生産の主役は秦氏となり、丹生氏は産出を司る神、丹生都比売神(にうつひめのかみ・通称「丹生明神」)を祭祀する神官となったと考えられています。

弘法大師・空海は若い頃、高野山の辺りで山岳修行をしていましたが、この丹生氏と何らかの関係を持っていたようです。唐に私費留学をすることができた背景にも、丹生氏の援助があった可能性が指摘されています。

高野山の開創伝承

高野山の開創について、平安中期に書かれた『金剛峯寺建立修行縁起』には、以下のような伝承が伝わっています。

弘法大師は唐から帰国する際、真言密教の修行にふさわしい場所を求めるため、三鈷杵と呼ばれる法具を投げた。三鈷杵はたちまち雲にのって日本へ飛んでいった。

帰国した弘法大師が三鈷杵を探して歩いていたところ、大和国宇智郡(現在の奈良県五條市)で、二匹の犬を連れた「南山の犬飼」という狩人に出会い、「少し南の山中で、夜な夜な光を放つ松がある」と教えられた。弘法大師が狩人が放った犬について行くと、紀伊国の天野(現在の和歌山県かつらぎ町)で土地の神、「丹生明神」が現れた。実は「南山の犬飼」は、「丹生明神」の子である「狩場明神(高野御子大神)」の化身だった。

「丹生明神」は、「菩薩が私のところに来られたのは幸せです。この山を全てあなたにあなたに献上します」と言って、高野山を弘法大師に譲った。

高野山に登った弘法大師は、広い野原に出た。そして、あの三鈷杵が松の枝にかかっているのを見つけた。弘法大師は「蓮の花のような山々に囲まれたこの地こそ、真言密教の修行にふさわしい。まさに私の求めていた場所だ」と喜んだ。

早速ここを根本道場に定め、山の上に伽藍を造り、そこに丹生明神と狩場明神も祀った。

高野山の開創(歴史的背景)

延暦23年(804年)から大同元年(806年)まで唐に留学し、密教の奥義を学んだ空海は、唐の情報を伝えることで嵯峨天皇との交流を深めていました。

大同5年(810年)、嵯峨天皇は兄の平城上皇と平城京への還都をめぐって対立し、ついに平城上皇が挙兵を図りました(薬子の変)。嵯峨天皇は征夷大将軍・坂上田村麻呂に命じてすばやく挙兵を阻止し、内戦は未然に防ぐことができましたが、実の兄が内乱を起こしたことで、心に深い傷を負いました。空海はこの事件で嵯峨天皇方に立って活躍(嵯峨天皇の勝利を祈念し、平城上皇方の藤原仲成・薬子らを調伏)、乱が収まった後は大々的に国家鎮護の祈祷を行いました。この薬子の変によって、嵯峨天皇の空海に対する信任は更に厚くなっていきます。

弘仁7年(816年)、空海は密教修行の道場を作るため、嵯峨天皇に高野山の下賜を請います。下賜はすぐに叶えられ、空海は弟子を派遣して開創に着手しました。弘仁9年(818年)から翌年にかけては空海自身も高野山に滞在し、金剛峯寺の建立を始めました。

弘仁14年(823年)に空海は京都・東寺も賜り、密教布教の拠点とします。これ以降、深山の高野山と都の東寺は真言宗の二大中心地として互いに関わりあっていくことになります。

承和2年(835年)、空海は高野山で入滅しました。金剛峯寺の建立はまだ中途でしたが、弟子の真然が中心となり、887年に根本大塔などの伽藍を完成させました。

衰退と再興

空海入滅後、金剛峯寺(高野山)や東寺、高雄山寺(神護寺)などの真言宗諸寺はそれぞれ独立した寺院としての道を歩み始めました。しかしやがて、金剛峯寺と東寺のどちらを本寺とするかという論争が起きます(本末争い)。

この争いは、東寺長者と金剛峯寺座主を兼ねた観賢(八五四~九二五年)が東寺を本寺とし、金剛峯寺を末寺と決めたことで決着し、金剛峯寺は負けた形となりました。

正暦5年(994年)、高野山は落雷による火災でほとんどの伽藍を焼失しました。衰退が始まっていた金剛峯寺に再建する力はなく、僧は去り、高野山は荒廃します。

高野山を再興したのは、法華経の持経者(聖)だった興福寺の定誉(958-1047)です。長和5年(1016年)、観音像のお告げで高野山に登った定誉は、冬の寒さを防ぐ方法を編み出し、僧侶たちを山内へ呼び戻すなど、金剛峯寺の復興につとめました。






サイトマップ