弘法大師(空海)の足跡(1)


空海について

真言宗の開祖であり、高野山を開創した空海は、日本の仏教史上最大級の宗教家です。真言宗の信徒に限らず広く敬われ、親しみをこめて「弘法さん」「お大師さん」と呼ばれてきました。

「弘法大師」とは、入滅から86年後に醍醐天皇が贈った諡号(しごう、死後に贈る美称)です。

空海が活躍したのは、平安時代の初期のことです。時代の転換期にあって、唐から密教のみならず最新の技術・学問をもたらし、時の権力者たちとも密接に関わり、新しい時代の精神的支柱を築き上げました。

少年時代

空海は宝亀5年(774年)、讃岐の豪族・佐伯田公(さえきのたぎみ)の次男として、今の香川県善通寺市で誕生しました。

15歳の時、長岡京に上京し、叔父の阿刀大足(あとのおおたり)に論語など漢籍(漢文の書籍)を学びます。

18歳になると当時官吏養成の最高機関だった大学寮の明経科(みょうきょうか)に入学し、引き続き漢籍を学びました。

修行時代

20歳になった頃、空海は大学を中退し、仏門の道に入ります。

「空海僧都伝」によると、大学では昔の人の搾りかすのようなものしか学ぶことができず、まったく役に立たないとの考えからだったようです。

ただし当時は正式な僧侶になるには官許が必要だったため、私度僧(自称の僧侶)として修行を始めました。

旅の行者から「虚空蔵求聞持法」を授かり、四国で求聞持法を修行したと伝えられています。

虚空蔵とは知恵や記憶に利益をもたらす菩薩で、求聞持法とは真言(翻訳されていない仏の言葉)を、一定の作法で100日間かけて100万回唱えるという修法です。

『三教指帰』には、空海が室戸岬の洞窟で求聞持法を修めるうちに、明星が口に飛び込み、悟りを開いた(求聞持法を会得し、無限の智恵を手に入れた)と記されています。そこから見えるのは空と海だけだったため、空海と名乗ったそうです。

若き日の空海は、吉野の金峰山や四国の石鎚山などで山林修行を重ねたようですが、はっきりしたことは分かっていません。しかし、この頃の空海の足跡を弟子たちが辿ったのが、「四国八十八ヶ所」のお遍路の原型とされています。

唐への留学

延暦23年(804年)、31歳になった空海は遣唐使に選ばれ、渡航の直前に東大寺戒壇院で得度受戒しました。この時、ようやく正式に出家し、正規の僧侶になったのです。

自称の修行僧だった空海が遣唐使に選ばれた経緯についてはよく分かっていませんが、いずれにせよ空海は正規の留学僧となり、20年滞在する予定で唐に渡りました。

同じ遣唐使のメンバーには、後に天台宗の開祖となった最澄、空海や嵯峨天皇と共に三筆と称されたものの、藤原氏との政争に敗れて失脚した橘逸勢(たちばなのはやなり)などがいます。

長安に着いた空海は、金剛頂経・大日経という2系統の密教を統合した第一人者であり、皇帝からも師と仰がれていたインド僧の恵果(えか)に師事します。恵果は空海に、胎蔵界・金剛界・伝法など密教の全てを教え、灌頂(かんじょう、戒律や資格を授けて継承者とする儀式)を授けました。そしてその4ヶ月後に亡くなります。空海は、密教の8代目の正当な後継者となりました。

死を目前にした恵果が、1000人以上の弟子の中から空海を継承者とした理由としては、空海の才能に着目したということもあったのでしょうが、唐では真言密教の衰退が始まっていたため、新天地である日本での密教の発展を願っていたためとも考えられます。

恵果の入寂後、空海は越州(現在の紹興)に移り、土木技術や薬学など様々な分野の学問・技術を学んでいます。

そして延暦25年(806年)8月、遣唐使判官の高階遠成の遣唐使船に便乗し、帰国の途につきました。

20年の予定に対しわずか2年間の留学となりましたが、その成果は大きく、空海は自ら「虚しく往きて実ちて帰る」と語っています。

闕期の罪

無事に帰国した空海ですが、留学期間を早く切り上げすぎたため、「闕期(けっき)」という罪に問われます。長期滞在の留学生(るがくしょう)として派遣された空海は、本来であれば次の遣唐使(20年後)まで帰ることは許されませんでした。

空海は、持ち帰った教典や仏具の目録を朝廷に提出し、「これだけ貴重なものを持ち帰り、新たな知識を日本で広めるために、少しでも早く帰りたかったのだ」と弁明します。

それでもすぐに許しは出ず、空海は3年にわたって太宰府や和泉に留まることになります。時の帝・平城天皇が仏教に興味を示していなかったこととも関係があると言われます。ようやく入京が許されたのは、平城天皇が退位し、嵯峨天皇が即位した大同4年(809年)のことでした。






サイトマップ