弘法大師(空海)の足跡(3)


空海と嵯峨天皇

高雄山寺に入った空海は、ほどなくして嵯峨天皇と深い交流を持つようになります。

嵯峨天皇は後に、空海や橘逸勢と並んで「三筆」に数えられるほどの書の達人でした。そのため、空海が唐から持ち帰った書にも強い関心を示し、空海自身にも、屏風への揮毫などを頼みました。

この頃、嵯峨天皇は平城京への還都(都を平城京に戻すこと)を求める実兄の平城上皇との対立に頭を悩ませていました。嵯峨天皇は、兄を唆しているのは側近の藤原薬子や藤原仲成だと考え、彼らを密教で調伏して欲しいと空海に依頼します。

翌年の弘仁元年(810年)には、嵯峨天皇は空海を南都・東大寺の別当に大抜擢しました。東大寺を頂点とする南都仏教勢力は、南都の復活を目指す平城天皇側につく恐れがありました。嵯峨天皇はそのトップに空海を送りこみ、その知恵と対応力で味方につけようとしたのです。

南都仏教勢力側も、最澄に対しては強い反感を持っていたものの、奈良仏教に批判的ではなかった空海は喜んで受け入れました。空海を支持することで、最澄の影響力を相対的に弱めようと考えていたためです。

追いつめられた平城上皇と藤原薬子、藤原仲成は、ついに東国での挙兵を企てました。通称「薬子の変(平城太上天皇の変)」です。

嵯峨天皇は征夷大将軍・坂上田村麻呂に出兵を命じる一方で、空海に勝利の祈祷を依頼しました。素早い対応が功を奏し、藤原仲成は射殺、藤原薬子も自害し、平城上皇の挙兵は未然に防がれます。平城上皇は出家しましたが、関係者には寛大な処置がとられました。

多くの血を流すことなく難局を乗り切った嵯峨天皇は、空海の調伏や祈祷、そして東大寺別当としての働きが大きかったと信じました。

その後空海は高雄山寺に戻り、全山を挙げて大がかりな天下泰平の祈祷を開始します。嵯峨天皇は強く感動し、空海に対する信頼と尊敬は動かぬものとなりました。

高野山開創

弘仁6年(815年)頃、『弁顕密二教論』を著し、独自の真言密教を確立した空海は、その集大成のため、若いころに修行した高野山に道場を作ろうと考えるようになります。

翌年、弘仁7年(816年)、空海は嵯峨天皇に高野山造営の願いを届出ました。嵯峨天皇は快諾し、異例の早さで空海に高野山が下賜されます。

このように天皇の全面的なバックアップを受けていた空海ですが、最澄の比叡山のように都の近くではなく、遠く離れた紀伊の山奥を選んだのは、国家権力とある程度の距離を保つためだったと考えられます。権力とは移ろいやすいものであり、空海は権力者に近づきすぎることの危険性も感じていたはずです。

天皇の許可が下ったとは言っても、当時、高野山の辺りは天野で祀られている丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)の神域であり、丹生一族が領していました。しかしこの丹生一族も空海を歓迎し、帰依したと考えられています。「空海は狩場明神の案内で丹生明神に会い、高野山を譲られた」という高野山の開創伝説がそのことを象徴しています。

丹(辰砂、硫化水銀)を扱う丹生一族にとって、水銀の精錬などに通じた空海は憧れの存在だったのかも知れません。そもそも空海が高野山を道場の場所に選んだ理由の一つは、唐に渡る以前から交流があり、おそらく支援も受けていた丹生一族の土地だったことだと思われます。

空海は早速、弟子の実恵(じつえ)や泰範(たいはん)を天野と高野山に派遣し、伽藍造営の下準備にとりかかりました。ちなみに泰範は最澄の愛弟子で、その後継者とも目されていましたが、最澄と袂を分かち空海の弟子になった人です。

空海自身が高野山に入ったのは、弘仁9年(818年)のことです。そして、今の根本大塔の辺りで、密教の作法で結界を作り、諸魔を排除し、地鎮を行いました。そして丹生一族の神である丹生明神、狩場明神を勧請します。空海は密教の伝統に則り、土着の信仰を取り入れることをまったく厭いませんでした。高野山は神仏習合の霊場としてスタートしたのです。






サイトマップ