真田庵(九度山)



真田庵の写真- 高野山名所図会



九度山の真田昌幸と信繁(真田幸村)

高野山真言宗の尼寺・善名称院には真田昌幸の墓があり、「真田庵」と呼ばれています。

真田昌幸(1547~1611)は信州の戦国武将で、もともと武田勝頼の家臣でした。武田氏滅亡とそれに続く本能寺の変によって信州は空白地となりましたが、昌幸は北条、徳川、上杉という大勢力に狙われながらも、権謀術数と巧みな戦術で独立を保ちました。1585年と1600年の二度にわたって、徳川の大軍を撃退したことで知られています。小田原北条氏が滅亡するきっかけを作ったのも、真田昌幸でした。

関ヶ原の戦いでは西軍につきましたが、東軍についた長男・信幸の助命嘆願で死罪は免れ、次男の信繁とともに高野山に流罪となりました。

真田父子は高野山上ではなく、この九度山に住むことになりましたが、その理由は信繁が妻を連れていたこと(当時の高野山上は女人禁制)とも、いったんは高野山上の蓮華定院に入ったものの、山上の生活が寒すぎて昌幸には辛かったためとも言われています。

父子が暮らしていたのは、この真田庵のある場所、または旧萱野家の付近と考えられています。

蟄居中の真田一族は、平べったく丈夫な紐を作って生計を立てていたようです。このような紐は当時、甲冑の材料として全国で作られていましたが、後に「真田が作った丈夫な紐」ということで「真田紐」と呼ばれるようになりました。サナダムシの名前も、この紐に似ていることに由来しています。他にも、高野山周辺で奈良時代から伝わる高野紙も作っていました。

11年後、昌幸はこの地で亡くなりましたが、信繁は1614年に九度山を脱出、豊臣方として大阪城に入城し、大阪の陣で活躍しました。なお、「幸村」という諱は江戸時代の軍記物で広まった名前で、本人は少なくとも大阪城入城の時点では「信繁」と名乗っています。

善名称院(真田庵)の由来

真田庵の写真- 高野山名所図会



真田昌幸は、長男の信之(信幸から改名)によって信州松代で火葬され、上田の菩提寺に納骨されたと記されていますが、この真田庵にある宝篋印塔も、真田昌幸の供養のために信繁が建てたものとされています。

江戸中期の寛保元年(1741年)、九度山出身の僧侶、戒円(のちの大安上人)がこの供養塔の所に来た時、「ここに寺を建てよ」とのお告げを得て地蔵尊を安置しました。

その後、寺では真田昌幸の霊がたびたび現れたため、その霊を慰めるため、大安上人は昌幸を土地の守り神として祀りました。これが真田地主大権現です。権現とは、「仏が仮の姿として神になっている」という、神仏習合の考え方です。

徳川の世でありながら、神君家康(こちらは東照大権現)を散々苦しめた真田昌幸を神として祀ることができたのは、幕府も昌幸の怨霊を恐れていたからかも知れません。

善名称院(真田庵)の建築物と遺構

現在の善名称院(真田庵)には、城閣のような八つ棟造りの本堂を中心に、鐘楼のある門、大安上人の廟である開山堂、弥勒菩薩の土砂堂、真田地主大権現、真田昌幸と真田信繁(幸村)の墓、真田一族と家臣の墓、真田宝物資料館、与謝蕪村の句碑、雷封じの井などがあります。

真田宝物資料館には、真田父子が愛用したと伝わる武具、書状、肖像画、真田紐、高野紙製造用具が展示されています。

真田庵の写真- 高野山名所図会


真田庵正門へ

真田庵の写真- 高野山名所図会


正門から見た本堂

真田庵の写真- 高野山名所図会


境内(左から雷封じの井、土砂堂、開山堂、正門、真田地主大権現、本堂)

真田庵の写真- 高野山名所図会


土砂堂

真田庵の写真- 高野山名所図会


真田昌幸墓碑と真田地主大権現




サイトマップ