矢立から大門へ(高野山町石道)

- Zue Maps | 高野山名所図会 -

このページでは、高野山の表参道、高野山町石道のうち、矢立から大門までの区間についてご案内します。 矢立(花坂)から高野山上の入り口・大門までは、急な坂を登った後に、国道に沿った尾根伝いの道を歩きます。

町石道(矢立から大門)

六地蔵

矢立茶屋の近く、59町石の左に、小さな地蔵が6体並んでいます。インドから伝わった「六道」の世界観では、死後は天道,人(にん)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道という六種類の世界に輪廻転生すると言われます。 「六道」にはそれぞれの苦しみがありますが、地蔵菩薩は「六道能化(ろくどうのうけ)」といって、全ての世界において救済者となるとされています。 六地蔵は、1体ずつが「六道」のそれぞれの救済にあたっています。また、旅人の安全を守るともされています。

袈裟懸石

55町石の先にある石は空海が袈裟をかけたと伝えられていて、「袈裟懸石」と呼ばれています。 また、馬の鞍を掛けられそうな形をしていることから、「鞍掛石」ともいいます。 この石の下にある小さな穴潜ると長生きするとも言われます。この先は結界が張られた清浄な世界とされます。

押上石

袈裟懸石の200メートルちょっと先、52町石の近くにある、山にへばりつくような石です。 空海の母が高野山に入山しようとしてここまで来た時、炎の雨が降ってきたため、空海がこの岩を押し上げて母を庇ったという言い伝えから、「押上石」の名がつきました。その時の、空海の両手の跡も残っているとのことです。

四里石周辺

曲がりくねったきつい坂を登って行くと、40町石の手前で車道(国道480号、旧高野山道路)が現れます。ここから大門までは、この車道と並行した尾根道です。 40町石の先にある坂を登ると、ちょっとした展望台があります。 39町石から37町石までの町石は、歩道の町石道ではなく車道のほうに立っています。もともとは、車道のあるところが町石道だったのでしょう。 車道と歩道が再び接した後、36町石が今度は歩道の方に現れます。そこから少し離れた場所に、四里石があります。慈尊院から144町石、15.7キロメートルになる計算です。 その先、33町石の辺りは右側の展望が開け、大門がある方角の山並み(弁天岳など)が見えます。

鏡石から大門

鏡のようにすべすべしている鏡石も、空海にゆかりの石です。花坂の里に12本の角の生えた娘が住み、鏡を見ては泣いていました。通りがかった空海が「12人の子どもを生みなさい。一人生むごとに1本ずつ角が消えます」と教え、その通りになったといいます。 かつては人の姿を映すほどつるつるしていたのでしょう。この石の角に座って真言を唱えると、願いが成就するとも言われています。 その先、27町石を過ぎ、小さな橋を渡ると、渓流に沿った道となります。 12町石のあたりからは最後の登りで、急な階段もあります。10町石には、町石道を作った時の執権、北条時宗の名前が刻まれています。 更に登りつめると、8町石の斜め向かいに堂々たる大門がそびえ立っています。