九度山



南海高野線・九度山駅から高野山町石道のスタート地点・慈尊院までは1.5キロメートルほど。

まっすぐ向かえば30分で着きますが、時間に余裕があれば、高野山の玄関口として栄えた九度山の町を散策してみるのもいいでしょう。

九度山は、二度に渡って徳川の大軍を退けながらも、関が原で西軍が敗れたためやむなく屈した信州上田城主・真田昌幸とその息子、真田信繁(幸村)が蟄居した場所でもあります。その屋敷跡は「真田庵」と呼ばれ、真田昌幸の墓や資料館があります。

高野山町石道の地図- 高野山名所図会



九度山駅

橋本から南海高野線に乗って11分ほどで、九度山に到着します。

反対側のホーム(橋本方面)には、「九度山真田花壇」があり、「真田幸村と十勇士」のイラストが描かれています。関ヶ原の戦いから大阪冬の陣までの14年間、真田信繁が臥薪嘗胆の生活を送った場所ということで、「真田幸村の町」としてアピールしているようです。

和歌山県九度山町の人口は5000人弱。丹生川と紀ノ川の合流地点に位置し、甘柿の一種・富有柿の産地です。

コンビニは、国道370号を橋本方面に500メートルほど行った場所にあります。

対面石

九度山駅から坂を下って行くと、すぐに国道370号との交差点(五差路)に出ます。正面に見える橋を渡ってまっすぐ行くと慈尊院ですが、橋のすぐ手前を右折して商店街に入ると、旧高野街道の静かな道をたどって行くことができます。

丹生川を左手に見ながらしばらく進むと、「対面石」と呼ばれる石があります。「紀伊続風土記」には、「弘法大師が槇尾明神と対面せし処」と記されています。

槇尾明神は和泉国の霊峰・槇尾山の神です。槇尾山と空海との関わりは深く、槇尾山寺(施福寺)で空海が出家した寺だという言い伝えもあります。あるとき、高野山から槇尾山に向かおうとしていた空海が、紀ノ川が増水して渡れず困っていたところ、ここに槇尾明神が現れてと渡河を助けてくれた、または「ここに私を祀れば槇尾山に行かなくても良くなる」と言ったというのが謂れです。

明治以降は、空海が母と対面した場所とも言われるようになりました。

旧萱野家(高野山眞蔵院の里坊)

対面石から少し奥に入ると、「旧萱野家」と呼ばれる建物があります。江戸時代に高野山眞蔵院の里坊として建立されました。

里坊とは人里における僧侶の住まいのことで、隠居した老僧などが暮らしていました。明治以降は民家(萱野家)になりましたが、高野山の里坊が現存する貴重な建築です。

真田古墳

旧高野街道を進むと、すぐに三叉路に出ます。左の道を下っていくと、左側に「真田古墳」と呼ばれる遺跡があります。

柵の中をのぞくと石に囲まれた穴があり、かつては「真田幸村が大阪城入城のため、九度山を脱出する時に使った抜け穴」と信じられていました。昭和28年の調査で、古墳時代後期(6世紀)の円墳であることが分かったようです。

真田庵

真田古墳から更に道を下り、道なりに進むと、蕎麦屋の「幸村庵」があります。その先にあるのが、真田父子の屋敷跡と伝えられる「真田庵」です。

詳しくは、真田庵(善名称院)をご覧ください。

松山常次郎記念館

旧高野街道沿いには、九度山出身のクリスチャン政治家、松山常次郎の記念館があります。

松山常次郎(1884-1961)は、朝鮮での水田開拓事業で成功を収めたのち、衆議院議員となりました。1941年、日米開戦を阻止するためキリスト教平和使節団を組織して渡米しましたが、目的を果たすことはできませんでした。戦時中に海軍政務次官を務めたことから、戦後GHQによって公職追放を受けました。

また、戦時中は日本基督教団財務局長として、キリスト教と国家神道との教義のすり合わせに苦慮し、キリストの再臨(世界の終わりの日にキリストが再び地上に降りてくるという信仰)を否定しました。

松山常次郎の長女、美知子氏は日本画家・平山郁夫氏の妻であり、記念館には松山常次郎の遺品や資料の他、平山郁夫氏の絵画も展示されています。

仏師能光尊

丹生川を渡って慈尊院へ向かう途中に、「仏師能光尊」の墓所があります。

能光尊は平安後期、鳥羽法皇の時代の仏師です。九度山に住み、高野山中門の多聞、持国の二天王など、多くの仏像を彫りました。

頭部(首から上)を病む人にご利益があると言い伝えられています。


サイトマップ