Sightsinfo Projectでは、名所の歴史背景を解説しています。ルート案内等の地図の作成しているZue Maps Projectと連動しています。

高野山の歴史探索

今から1200年前の平安時代初期、「弘法大師」空海が開創した宗教都市・高野山。比叡山延暦寺と並び、その後の日本仏教のゆりかごとなりました。 一方で高野山は、仏教とは別の視点から見ても、日本の歴史と文化、思想にとって非常に大切な意味を持っています。日本人(またはアジア人)の心の原点ともいえる高野山を、主に歴史的な観点からご案内します。

基本情報

高野山の主な名所

奥の院は「和解」の聖地?

歴史の転回点と奥の院

聖地で見る「武将の生き様」

「仏教の敵」と奥の院

女性たちにとっての高野山

高野山が育んだ宗教革命

少しタブーかもしれないお話

哲学としての密教

高野山へのアクセス

Sightsinfo エストニア

世界にさきがけて「電子政府」を構築したIT先進国・エストニア。一方で首都タリンには中世の町並みが保存され、町そのものが世界遺産に登録されています。 革新的でありつつ、古い文化の保存にも力を注ぐエストニアへの旅の誘いです。

エストニアの地図帳

エストニアの予備知識

エストニアの歴史

アクセス&旅行情報

タリンの概略

タリン旧市街・下町

タリン旧市街・山の手

タリン新市街

タリンのホテル

タルトゥ

その他の町